TOP   >   荷造りのコツその1

荷造りのコツ    →荷造り・業者選びのコツ    →引越し準備各種手続き

引越し梱包の前に!荷造り箱詰めのコツその1

分類しておきましょう

荷造りのコツとしては
・捨てるもの
・リサイクルするもの
・自分で持っていくもの
・引越し業者に運んでもらうもの に分類します。
1部屋片付けて、その部屋を荷詰めしたダンボールを積んでおく部屋にすると良いでしょう。

財布・通帳・印鑑・鍵など当日使う重要な貴重品は、旅行用のバックに入れて別にしておき、必ずご自分で運ぶようにしましょう。トラブルを未然に防ぐ事にもつながります。

業者に運んでもらう荷物はダンボールに入れておきます。
ダンボールに詰め込む際のコツとして、まず「重い物は小さなダンボール」へ、「軽いものは大きなダンボール」へ収納する事です。
仮に重い物を大きなダンボールに入れると、底が抜けてしまう可能性があります。

さらに細かくアドバイスするとすれば、重い物は下の方に、軽いものは上の方に積むようにしましょう。当然逆にしていると中身が潰れる場合があります。

すぐに使用しない物から先に詰める事

引っ越し先ではその日に全て引っ越しの片付けは終わりません。
落ち着くのに数日、あるいはそのまましばらくダンボールに荷物が入ったままになってしまう事も多々あります。
ですのでまず段ボール箱に荷物を詰めていく際にはすぐには使わないものから先に詰めていき、必要なものを後からしまうようにしましょう。
そうすれば引越し先で真っ先に箱から出すのは上部の必要なものからとなります。

ダンボールの準備

引越しのダンボールは業者からもらえない場合、ご自身で用意をしなければなりません。
スーパーやドラッグストアからもらってくる
前回使ったダンボールを捨てずにたたんで取っておく
ホームセンターなどで新品を購入するなどの手段があります。業者が使うダンボールは丈夫なため、譲ってもらったり保存しておくと便利です。

荷物へのマーキング

これは引っ越しを経験された方にはご経験がある事ですが、引っ越し先に荷物を運んだ後、あれはどこに入れたっけ?どの段ボールだったかわからない…という事になってしまうケースがあります。

ここで引越し前のコツとして、段ボールの側面に「衣類」や「パソコン用品」など分かりやすくマーキングしておくと引越し先で置く場所を間違えませんし、スムーズに必要なものを箱から取り出すことができます。荷造り段ボールには、できるだけマーキングするようにしましょう。

割れ物の梱包について

食器類は1枚(1皿)ずつ新聞・チラシ等で包みこむように梱包してください。陶器と陶器、ガラスとガラスが直接接触しないように梱包するのがコツです。大皿などはチラシや新聞を多めに使用してしっかりと梱包する必要があります。箱の下敷用にも新聞等を多めに敷いておくべきです。

割れ物の梱包の際は、古新聞等を利用して隙間のないように箱詰めすると割れにくくなります。平らなお皿は、立てた状態で詰めていくと割れにくくなります。コップやお椀は、伏せて箱へ入れてください。

梱包しにくいものや割れ物への対処

きちんとマーキングしたり、業者に確認指示をしている場合は別として、割れ物やガラス関連商品を先に梱包してしまっておくのは危険な場合があります。何が入っているのかわからないので業者がその荷物の上に別の荷物を置いてしまう場合があるからです。そういったものは引越し当日まで蓋はしないで上部を開けておくと良いでしょう。梱包しにくい大きな家具や鏡、ガラスケース、照明器具などは当日STAFFが梱包してくれる場合もあります。その辺りは見積りの時点に確認しておきましょう。

家電製品について

冷蔵庫
冷蔵庫は引越しの時に電源を切って車に積み込むと車の中で水がたれて、お荷物が濡れてしまいますので、前日の夜に霜取りをして電源プラグを抜いておきましょう。さらに水がたれないように良く拭き取っておいてください。冷蔵庫の故障の原因ともなりますので忘れずにプラグを抜いておきましょう。

洗濯機
洗濯機は水抜きをして蛇口を閉め、給水ホースを外しておいてください。そして洗濯機を脱水でまわして排水ホースをはずします。面倒であれば業者がやってくれるのでご安心ください。

テレビ・PCなど
配線が複雑な電化製品のケーブルは色分けや接続箇所をメモしておき、引越し先で迷わずつなげる様に整理しておきましょう。パソコンは購入時の箱があればそれ梱包します。万が一の為データのバックアップは取っておきましょう。

不用品の処分について

引越しは「捨てようか捨てまいか」、と迷っていたものを捨てるいい機会になります、→断捨離。古い電化製品は引越しの際に思い切って捨てようと考える方も多いことでしょう。
そこで注意が必要なのが「家電リサイクル法」です。冷蔵庫や洗濯機、テレビをそのまま捨てたりすると不法投棄となりますのでご注意下さい。

引越し業者によって、引き取ってくれるところもあれば引き取ってくれないところもあるので引越し前に必ず確認しましょう。パソコンの場合は、また別の法律(PCリサイクル法)で、ご自身で直接メーカーへ引き取ってもらうことになっています。

家具は大体の場合有料で引越し業者が廃棄処分してくれます。見積り時に業者に聞いて処理してもらえないとなった場合は、引越しの為「粗大ゴミ」が出ることを自治体に申請し、引越しの日に収集してもらう事ができます。

荷造り梱包のコツその1

お問い合わせは福岡赤帽MKラインまで

お問い合わせ・お見積り・ご依頼はお電話又はメールでお気軽にどうぞ
お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。
当日・至急で遠方へ配送希望のお客様はお電話にてお問い合わせください
ご日程に余裕のあるお客様に関しましては、メールでのご連絡をおすすめします。

フリーダイヤル 0120-111-258

PageTop